勃起不全の原因とED治療薬バイアグラ、レビトラ、シアリスについて説明します。

勃起不全は治療薬で治せます

三大ED治療薬

男性の陰茎部が十分に勃起しなくなる症状をEDといいます。

EDとは日本語で勃起不全や勃起障害といわれ、ひと昔前ではインポテンツと呼ばれていました。 しかし、インポテンツは性的不能という意味を持ち適切な表現でないこと、インポテンツを略して『インポ』と言って性的差別に用いられることが多くなったことから、EDや勃起不全と呼ばれるようになりました。

勃起不全というと完全に勃起しないようなイメージを持つかもしれませんが、実際は正常に勃起できない症状すべてがEDです。 勃起をしないだけでなく、例えば勃起しても持続しない(中折れ)、挿入するだけの硬さがない、勃起しないときがたまにあるなどの症状もEDになります。

以前はEDは治療できない病気の一つでした。 しかし、医療の進歩と共にEDは治療できる病気になりました。

現在、主に行われているのはED治療薬の服用による薬物療法です。 ED治療薬は病院で処方してもらう他、個人輸入代行サービスを行っているサイトで通販で購入することができます。薬を飲むことによって自信を取り戻し、以前のような性生活を送ることができるようになります。

衰えを感じるようになった、以前よりも硬さが弱くなった・・・そう感じている人はED治療薬で症状を克服しましょう。

ED治療薬はどのように誕生したのか。

治療薬を薦める医者

1998年にアメリカの製薬会社、ファイザー社で世界初のED治療薬は開発されました。 それがバイアグラです。 しかし、バイアグラは元々ED治療薬の開発が元でできた薬ではなく、元々、狭心症の治療薬の開発過程で偶然できた薬です。

その狭心症の臨床試験の際、あまり良い結果を得られなかったので臨床試験を中止。被験者から試験薬を回収しようとしました。 しかし、被験者たちは試験薬を返そうとしません。 なぜかと調べてみたら、バイアグラには勃起不全を解消する効果があることがわかったのです。 このことからED治療薬としての開発が進み、バイアグラが誕生しました。

実はバイアグラが誕生する以前は、EDは治療ができない病気の1つでした。 ED治療薬がない時代は民間療法に頼るくらいしか治療法がありませんでした。 それでも効果があるならいいですが、中には民間療法も効果がなく諦めてた人もいたようです。

そんな中、バイアグラは1998年にアメリカで発売が開始され、すぐに夢の薬として知れ渡りました。 その人気は日本まで届き、1999年にはバイアグラを求める人が多くいたので日本でも認可されました。

現在ではバイアグラの他にもレビトラやシアリスいったED治療薬も誕生し、個人の体質や薬の特徴からED治療薬を選ぶ事ができるようになりました。

なぜED治療薬が効くのか

治療薬をすすめる医者

ED治療薬を服用することで、EDの症状は解消されます。

ED治療薬を服用するだけで正常な勃起ができるのはEDで悩んでいる人にとっては嬉しいことですが、どうしてED治療薬を服用すると勃起するのか知らない人が多いです。

自分が服用する薬なので、どうして効果があるのか、どういう作用をする薬なのか知っておいた方がいいでしょう。

ここでは簡単にED治療薬の仕組みをご紹介します。

まず、勃起のメカニズムについてですが、『勃起は脳が性的な刺激や興奮を陰茎部に伝達することで、陰茎部に大量の血液が流入する』ことでおきます。 ここでポイントになるのは、正常に勃起するためには『性的な刺激や興奮』、『脳から性的な刺激や興奮を伝えるための神経』、『流入する血液を送る血管』、『流入してくる血液を溜めるペニス』の4つが正常に動いていることです。

この4つのうち1つでもかけてしまうと十分な勃起をすることができなくなります。

では、ED治療薬にはどういう効果があるのかというと『血管を拡張する効果』と『勃起を阻害する酵素の分泌を阻害する効果』があります。 そのため、血管や陰茎分の海綿体が十分に機能していなくても勃起しやすくなるというわけです。

ED治療薬にはバイアグラ、レビトラ、シアリスなどの種類がありますが、それぞれ有効成分が違います。 ですが、作用的には大体同じなので、あとはそれぞれの特徴を知り、自分にあったED治療薬を選びましょう。

3大ED治療薬について

バイアグラ、レビトラ、シアリス

一般的にED治療はED治療薬を使用した薬物治療です。

ED治療薬は病院で処方してもらうか、インターネット上の個人輸入代行サービスを利用して通販して入手します。現在ではバイアグラ、レビトラ、シアリスの3つがED治療に主に使われています。 この3つのことを『3大ED治療薬』といいます。

基本的な作用は一緒ですが、それぞれ有効成分が違うため特徴が異なっています。 なので、少しここでそれぞれの特徴を紹介したいと思います。

バイアグラ

世界で初めて誕生したED治療薬。それがバイアグラです。 1998年にアメリカのファイザー社が開発し、現在では日本でもバイアグラのジェネリック医薬品が認可されています。 食事の影響を受けやすいので空腹時に服用する事が必要で、効果持続時間は4~5時間といわれています。

レビトラ

バイアグラの次に開発されたED治療薬で、ドイツのバイエル薬品が作ったED治療薬です。 日本では2004年に認可されています。 水に溶けやすいという性質を持っているので、即効性があるといわれています。 また、バイアグラは食事の影響を受けやすかったのですが、レビトラは食事の影響を受けにくいとされています。効果持続時間は5~10時間といわれています。

シアリス

シアリスは3大ED治療薬の中で一番最後に誕生したED治療薬です。 アメリカのイーライリリー社が開発したED治療薬で、日本では2007年に認可されています。 効果持続時間と24~36時間と言われており、効果持続時間は3大ED治療薬の中でもトップです。 しかし、効果が出るまでに少し時間がかかるので1~2時間くらいは効果が出るまで待ちましょう。 また、効果持続時間の長さを計算すると、金曜日の夜に服用すれば日曜日の朝まで効果が持続することから『ウィークエンドピル(週末薬)』の愛称で親しまれています。

このようにそれぞれのED治療薬が持つ特徴は有効成分によって違います。 なので、しっかりとそれぞれの特徴を知ってから購入することが大事になってきます。

効果的な使用方法

シアリス

シアリスは日本で2007年に認可され、バイアグラやレビトラの欠点を克服した、体に優しい薬として日本でも愛用している方が多いED治療薬です。

現在、シアリスには5㎎、10㎎、20㎎と3つの種類があります。

シアリスは服用してからすぐに効果がでるED治療薬ではありません。 その人の体質や体調にもよりますが、効果が出るまで1~2時間くらいかかるといわれています。 また、効果持続時間が長く24~36時間といわれています。

効果がゆっくり出てくるので、即効性を求める場合には適していないと言えるでしょう。

しかし、週末に出かける用事があったり、家族旅行をするといった場合には出かける前に1錠服用することで1泊であれば帰りまで効果があるということになります。 なので、安心してどこでも性行為に及ぶことができます。

シアリスの有効成分

タダラフィル

シアリスの有効成分は『タダラフィル』です。

このタダラフィルという成分はバイアグラやレビトラの有効成分と同じように、血行を促進し、勃起を妨げている酵素の分泌を抑制する効果があります。

基本的な効果はバイアグラやレビトラも一緒ですが、シアリスの最大の特徴は24~36時間という驚異の効果持続時間にあります。

これだけ長い効果持続時間を持つのはシアリスだけなのですが、なぜシアリスがこれだけ長時間、効果が持続させることができるかといいますと、理由はその構造にあります。

シアリスは服用してから最低1時間は効果がでません。 これは有効成分がゆっくり効果が出るようにブロックされているためです。 そのため、服用しても有効成分がすぐに体に吸収されません。 吸収するのに時間がかかるので、服用から24~36時間くらい効果が持続するというわけです。

また、分解されるのにも時間がかかるので体に負担をあまりかけません。 なので、バイアグラやレビトラに比べて比較的副作用が起こりにくいといわれています。

勃起不全の種類

勃起不全を説明する医者

世界中にEDで悩む方は多くいます。しかし、どの方も同じ原因でEDなったわけではありません。 身体的なことが原因になっている方や精神的なことが原因でEDになっている方、中にはその両方ともが原因になっている場合もあります。

そのため、なにが原因でEDになったのか調べる必要があります。治療法が異なってくるためです。

最近では、インターネット上に様々な情報があるので、自分で調べることもできますが、心配な場合はED治療の専門家である医師などに相談してみた方がいいでしょう。 ここではどんなEDがあるのか、簡単に紹介したいと思います。

心因性

EDに多いタイプが心因性EDです。 心因性EDは精神的なストレスやプレッシャーなどが原因で起こるEDです。 また、過去のトラウマや失敗なども心因性EDの原因になります。

精神的なストレスになっている原因は様々で仕事や金銭問題、家庭内でのことなどが考えられます。 また、子供が欲しいと夫婦の場合、なかなか子供ができないことからプレッシャーを感じ、勃起しないということも考えられます。

治療には根本的な原因を探るところから始まるので、長期的な治療が必要になってきます。

器質性

身体的に問題がある場合は器質性EDになります。 血管性や内分泌性、陰茎性、神経性などがあります。

器質性のEDの方のほとんどは外傷によって神経が傷ついたり、他の病気によって血管に異常が起こったなどのことが原因です。 加齢による生活習慣病が原因でEDになる場合もあり、その場合は器質性EDの可能性があります。

混合性

心因性、器質性、どちらの可能性もあるのが混合性EDです。 身体的要因と精神的要因のどちらも原因である可能性があるので、根本的な原因を突き止めるのが非常に難しいEDでもあります。 例えば、糖尿病や高血圧を患っている方で、さらに日々の生活にストレスやプレッシャーを感じている場合、身体的要因と精神的要因のどちらも原因である可能性があり、どちらもEDになってしまう可能性があります。

しかし、なかには『思い込み』でEDになっている方もいます。 糖尿病や高血圧は確かにEDを併発しやすい病気ではありますが、必ずEDになるわけではありません。 ですが、糖尿病だからED、高血圧だからEDと誤解している方が時々いらっしゃいます。

なので、思い当たる節があったら、医師に相談しましょう。

薬剤性

勃起という現象が起こるとき、人体では神経や血液、ホルモンといった様々なものが機能しています。

その際、他の病気で薬剤を服用している場合には、薬剤の副作用でEDになっている場合があります。 こういう場合のEDを『薬剤性ED』といいます。

薬剤によって副作用は異なりますが、その中に勃起に影響を与える副作用があります。 中枢神経系の薬剤がEDになりやすいといわれていますが、それ以外にもEDになる場合がありますので、どんな薬であれ一度は副作用を確認するようにしましょうj。

また、薬剤の中にはED治療薬と併用すると体に悪影響を与える薬もあるので、心配な時は医師または薬剤師に服用前に相談するようにしましょう。

気づかない人もいる

ネットでEDの知識を得る

EDという言葉を知っている人は多いと思いますが、その分、間違った知識を持っている人も多くいます。

というのも、EDは勃起不全と訳されているので、完全に勃起できない人と思っている人が多いみたいです。 しかし、完全に勃起できないだけでなく、中折れする、十分に硬くならない、時間がかかるなどの症状もEDに含まれます。

また、マスターベーション(オナニー)の際に問題がなくても、パートナーと性行為に及ぶ際に十分な勃起をしない場合もEDになります。

少しでも勃起に不安を感じるようであれば、病院に行って相談してみた方がいいでしょう。

EDはどれくらいいるのか

患者数を説明する医師

EDで悩む人は年々増えています。

1998年には男性の4人に1人がEDという調査結果がありましたが、2000年になると3人に1人の割合でEDになっているという調査結果が出ました。 しかも、この数字はEDを自覚している人の数なので、気づいてない人や潜在的な人も含めるとEDが如何に身近な病気であるかということがわかると思います。

また、EDは中年・高齢の方に多いと思われがちですが、最近では20代の若者でもEDになるケースが多いです。

中年や高齢の方は加齢や生活習慣病が原因に、若者は社会的なストレスや将来的な不安がストレスとなってEDになっているケースが多いようです。

このことから、EDは年齢に関係なく発症する病気であるということがわかると思います。 若いから大丈夫ではなく、少しでも不安に感じるようであれば医師に相談するなどしましょう。

相談しましょう

医師に相談

最近、十分に勃起しないというような、完全に勃起しないことはないけども勃起に何かしらの不満や不安がある場合、パートナーがいる男性の場合はどうにかしたいと思うことでしょう。

パートナーと性行為を楽しみたいのに陰茎部が思うようにならないというのはとてもつらいですし、気まずいことだと思います。そもそも性行為は人間の3大欲求である性欲を満たす行為ですし、パートナーとの愛情を確かめる行為です。そのため、焦る気持ちはわかりますが、まずは医療機関に相談に行きましょう。

ED治療の場合、男性が1人でこっそりと病院へ・・・というのはよくあることですが、根本的な治療に取り掛かりたい場合はまずパートナーに相談するようにしましょう。

当然ですが、女性には陰茎はありません。なので、EDになることはなりません。そのため、相談したとしても完全には理解できません。しかし、性行為は相手がいないとできないので、男性が勃起しないとできません。そのため、女性は治してほしいと思うことでしょう。

ですが、パートナーにEDを打ち明けるのは勇気が必要なことです。ですが、いつまでも一人で悩んでいるとそれがプレッシャーになってEDの症状を悪化させる可能性だって考えられるのです。なので、悪化させないためにも打ち明けてみましょう。そして、辛いということを伝えればパートナーも一緒に理解を示してくれるはずです。

ED治療を行っている治療機関は現在たくさんあります。1人でクリニックに行くこともできますが、最近ではパートナーと一緒に治療を受ける方も増えています。パートナーと一緒に行くことでお互いにとって良い治療法が見つかるかと思いますし、ED治療薬を服用することになっても、薬の副作用が出たときのリスクを軽減することができます。

EDの歴史

うなぎ

EDは男性だけの悩みです。昔はEDになってしまうと治療法がなかったのでどうすることもできませんでした。しかし、現在では医療が進歩してEDの治療ができるようになりました。治療の種類も豊富ですので、自分にあった治療法を選択することができ、すぐに解決への糸口が見つかることでしょう。

さて、現在のような治療法がなかった時代はどうしていたのかというと、EDの治療は民間療法のみでした。 民間療法というのは、人々の間で言い伝えられてきた『おばあちゃんの知恵袋』みたいな治療法です。 そのため、医学的根拠はなく確実性はありません。

民間療法は精力を高めるウナギや高麗人参、マカにすっぽんなど、とにかく精のつくものを食べるのが主流です。確かにこのような食品は栄養価が高く『免疫力を高めることはできます』が、勃起不全に効果があるかというと即効性がなく確実に勃起不全が解消する保証はありません。

ED治療薬が誕生した1998年まで民間治療に頼るしかありませんでしたが、それまで治療できなかったEDが治療可能になったということで世界中で話題になりました。

そして、現在では1998年に誕生したバイアグラの他にレビトラやシアリスといった医薬品が誕生しています。日本にはバイアグラのジェネリック医薬品しかありませんが、海外ではレビトラやシアリスのジェネリック医薬品も存在しており、ジェネリック医薬品なので価格もかなりリーズナブルです。

またEDの治療にはカウンセリングを行う心理療法や場合によっては手術をすることもあります。 最近では陰茎部に直接注射をするICI治療という治療法もあります。

病院によって治療法が違ったりするため、事前に医療機関の情報を調べてから受診した方がいいでしょう。

EDは予防できる

予防策を考える医師

EDになってしまった場合、様々な方法で治療をしていかなければなりません。しかし、現在では治療方法も種類があり、自分に合った治療方法を選ぶことができます。ですが、治療をするとなると精神的なダメージもあり、費用もかかります。なので、一番良いことはEDにならないことなのです。

では、EDにならない方法とはどういったことか。主に生活における注意点なのですが、生活習慣病の予防に似ています。基本的には食事、生活習慣、運動が大事になってきます。

食事

食事は高カロリー・高脂肪の食事を控えましょう。これは糖尿病や高血圧などの生活習慣病も防げます。 和食中心の食生活にし、納豆や漬物、大豆食品、魚介類や野菜などをバランス良く食べることを心がけて下さい。健康状態を維持することはEDの改善を目指す上で重要なことになります。

生活習慣

飲酒や喫煙は控えるようにしましょう。飲酒は緊張を解してリラックスするという点では非常にいいのですが、飲みすぎると健康に影響が出ますので嗜む程度にしましょう。

喫煙は血流を悪くしてしますので、飲酒よりも注意が必要です。 だからと言って急に禁煙をしてしまうとストレスに繋がりますので本数を減らすことをまずは目標にし、できそうであれば禁煙をするといいでしょう。

運動

普段から自動車を使っている人は多いと思いますが、運動不足もEDの原因となるので注意が必要になります。 だからといって、急に激しい運動を始めてしまうと体に負荷をかけてしまいますので、まずはラジオ体操や散歩程度のウォーキングなどの軽い運動から始めるようにしましょう。 ウォーキングをする際には万歩計を持ち歩くようにし、歩き終わった後にノートか何かに歩数を記録するようにすると歩数と距離を意識して歩けるようになります。 適度に運動をすることは気分転換になりますし、血流の改善ににも繋がりますので、是非やってみてください。

またこれら3つ以外にも精神的な理由でEDになる場合もあります。 女性に対する苦手意識や早漏や包茎などのコンプレックスが原因で勃起できなくなるパターンです。 早漏や包茎などであれば病院に行けば解決します。 特に若い人の場合は精神的に健康になれば、EDも回復する場合が多いそうです。

EDになってしまったら

EDになってしまった

ある日突然、EDになってしまったら。勃起しない、硬さが十分にないなどのEDの症状を実感したときはものすごくショックを受けると思います。

EDのイメージとして、いまだに中年・高齢の男性がなる病気だというイメージが強いですし、何より陰茎部は男性を象徴する部位なので、それが勃たないとなると非常にショックを受けるのもわかります。

しかし、ショックを受けていても症状が改善することはありません。むしろ、ストレスやプレッシャーからより症状を悪化させてしまう可能性が高いです。

現在では簡単にED治療をすることが可能なので安心してください。

EDを1人で克服するのは非常に難しいことです。 なので、治療を始めるにあたってパートナーに一度、EDであることを打ち明けて相談した方がいいでしょう。病院に行くにしろ、個人輸入サイトでED治療薬を購入するにしろEDであることをパートナーに打ち明けることはED克服の大きな一歩となります。

病院に行きたくないという方もいますが、最近ではプライバシーを考慮してスタッフ全員が男性という医療機関も存在します。こういう医療機関を使用すれば非常に行きやすいかと思います。

また、個人輸入代行サービスを行っているサイトを利用すれば誰にも知られることなくED治療薬を入手することができるので非常におすすめです。

おすすめの記事

シアリス

シアリスの注意点

シアリスを服用する際の用法用量や副作用、併用禁忌薬など注意点を説明します。

シアリスで治療体験

シアリスの体験談

シアリスの体験談を紹介します。

処方箋を出す医者

シアリスの購入方法

シアリスの購入方法(病院処方・海外医薬品の通販)と違いを説明します。

タダシップ

シアリスのジェネリック

シアリスのジェネリック薬について説明します。