シアリスのジェネリック医薬品

海外にはシアリスのジェネリックがある。

タダシップ

医薬品には新薬とジェネリック医薬品という2種類があります。おそらく、名前は聞いたことがあるけど、よく知らないという方が多いのではないでしょうか。 新薬というのは先発医薬品のことで完全に新しい薬のことです。ジェネリック医薬品は後発医薬品のことで先発医薬品を元に他の製薬会社作られた薬です。

現在ではいくつかのジェネリック医薬品があり、医療機関で薬を処方してもらう際に「ジェネリックにしますか?」と聞かれることが多くなりましたが先発薬との違いを知っておきたいところですよね。今回はシアリスを例に解説したいと思います。

まず、1つの新しい医薬品を作るためには開発するための時間と開発費用が掛かっています。シアリスは新薬ですので開発されるまでにかなりの時間と費用がかかっています。そのため、医薬品には費用を回収するための特許期間があります。

しかし、その特許期間は20年経つと消えてしまいます。そのため、他の製薬会社に製造方法などの情報が公開されるわけです。そして、他の製薬会社はその公開された情報を元に短期間・低コストで作られた医薬品が後発薬、つまりジェネリック医薬品というわけです。シアリスの場合はタダリスSXがシアリスのジェネリック医薬品です。

医薬品自体の形や色、商品名は違いますが、有効成分はほぼ同じなので、先発薬でもジェネリック医薬品でも効果は一緒だと言えます。

安いのには理由がある

シアリスはED治療薬の中でも非常に試しやすい医薬品ですので、多くの人が1度はシアリスを試しています。しかし、ED治療薬は効果が高い分、価格も高いという面があります。 ED治療を行う上で、長期化したときのことも考えて費用はなるべく抑えたいところですよね。

しかし、日本ではシアリスのジェネリック医薬品はまだ認可されていません。では、どうすればシアリスのジェネリック医薬品が購入できるかというと、海外から個人輸入することになります。

現在では個人輸入代行サイトを利用すれば簡単にシアリスのジェネリック医薬品が通販で購入することができます。しかし、ここで気になるのはなんで安いのかということです。では、病院で処方して貰った時と個人輸入で購入したときの金額の違いを見てみましょう。

まず、シアリスは用量によって価格が違います。

5㎎、10㎎、20㎎と3種類あるのですが、5㎎で1,600円、10㎎で1,800円、20㎎だと2,000円くらいです。どれもシアリス1錠の値段となり、1錠から処方してもらうことが可能です。 しかし、病院で診察を受ける場合は薬代とは別に診察料や初診料がかかります。病院にもよると思いますが、ED治療は保険適用外なのですべて自費になりますので、大体5,000円くらいと考えておいた方がいいでしょう。 なので、シアリス1錠を購入するのに7,000円近くの費用が必要ということになります。錠数が増えれば価格も上がりますので、5錠を処方してもらおうと思うと15,000円くらいは覚悟しておいた方がいいでしょう。

では、個人輸入代行サイト利用した場合はどうなるのでしょうか。 まず、大きな違いとしては処方箋がいらないということです。そのため、必要なのは薬代だけということになります。次に海外から個人輸入をする場合、ジェネリック医薬品を選ぶことができます。ジェネリック医薬品にした場合、種類が色々とあるので一概には言えませんが1錠で300円くらいです。安いものであれば200円くらいで販売されていることもあるようです。 あと、海外から輸入するので送料が必要になってきますが、ある程度まとめ買いをすると送料が無料にあるサイトが多いようです。

いかがでしょうか。

今、病院でシアリスを処方してもらっていて今後もシアリスを飲み続けるのであれば、個人輸入代行サイトを利用してみるのも1つの手だと思います。

シアリスジェネリック『タダリスSX』

日本では先発品のシアリスしか認可されていませんが、海外ではシアリスのジェネリック医薬品も存在しています。

その1つがタダリスSXです。

タダリスSXはインドの製薬会社であるアジャンタ・ファーマ社(Ajanta Pharma Limited.)から販売されています。 有効成分はシアリスと同じタダラフィルです。

有効成分が同じなので、効果も服用方法も同じです。 しかし、ここで気をつけないといけないのは副作用も一緒であるということ。 そして、併用禁忌薬もシアリスと一緒であるということです。 そのため、シアリスに関する薬剤知識を持っておいた方がいいかと思います。

シアリスはED治療薬の中でも人気のある医薬品のなので他にもジェネリック医薬品の種類は多数あるかと思います。

1つの個人輸入代行サイトで複数取り扱っている場合もありますので、用法容量を確認して価格をみて自分に合ったものを選びましょう。