シアリスの購入方法について説明したいと思います。

ED治療薬を買う方法

医者による処方

ED治療薬での治療を考えている場合、ED治療薬を購入しなければなりません。 ED治療薬を手に入れるには2つ方法があります。

病院で処方してもらうか個人輸入で海外から通販で購入するかです。 どちらも同じシアリスを購入できますが、金額や手間が変わってきます。

まず、多くの人が利用しているのが医療機関での処方です。

EDは身体機能に起こる症状なので医療機関で診察を受ける事ができます。また、最近では処方してもらえる医療機関も増えてきていますので、安心して治療が受けられるかと思います。

次に最近、少しずつ一般的になりつつある個人輸入代行サイトで購入する方法です。

個人輸入代行サイトというのは、海外から商品を通販する際に輸入に関することを購入者に代わって行ってくれる通販サイトのことです。個人輸入代行サイトはインターネットが繋がっていればパソコンでもスマホでもタブレットでもいつでも注文することができます。

海外から医薬品を購入する際には処方箋なしで医薬品を購入できるのでED治療薬に限らず非常に便利です。他にも衣料品や化粧品、育毛剤などを取り扱っているサイトもあります。

病院で処方してもらう

ED治療薬を医療機関で処方してもらう場合について少し詳しく解説していきます。

まず、処方してもらえる医療機関はどこか、何科なのかということですが、実はED治療薬の処方はどこでもしてもらうことが可能です。そのため、かかりつけの病院で相談してみてみましょう。

しかし、検査ができるかとなると話は別で泌尿器科かED専門の医療機関への受診が必要になります。特にED専門の医療機関の場合は専門知識を持った医師の診察のもと、EDに関する検査も充実しているので安心して治療を受けることができると思います。

結構、誤解されるのは陰茎部を見せないといけないということです。看護師さんや院内のスタッフさんの中に女性がいたら恥ずかしいですし、心配になりますよね。

まず、診察では服を脱ぐ必要はありません。医療機関にもよるとは思いますが、簡単な問診だけで済む場合がほとんどです。また、スタッフや医師がすべて男性の医療機関もあるので問題ありません。診察の際に名前で呼ばれることもあるかと思いますが、医療機関によっては名前ではなく番号で呼ぶという配慮をしているところもあるようです。

病院ではバイアグラ、レビトラ、シアリスの説明を受けて、その中から自分が試したいものを選びます。自分で選ぶだけでなく、医師に相談できるので自分にあった治療薬を安心して選ぶことができるでしょう。

個人輸入で購入する

次に個人輸入で購入するにはどうしたらいいか解説していきます。 現在、インターネットがかなり普及しており、ニュースやゲーム、SNSやショッピングとなんでもインターネットでできるようになっています。 そして、海外から医薬品を個人で通販で購入することもちろんできます。

通常、シアリスも含め医薬品は医師の診察を受けて処方してもらわなければ購入することはできません。しかし、海外から医薬品を購入する際には処方箋がなくても医薬品を購入することができます。海外から購入するので輸入ということになります。当然、海外とのやり取りが生じてきますが、その海外とのやり取りを代わりにやってくれるのが個人輸入代行サイトです。

個人輸入代行サイトでは海外企業と購入者の間に立って商品の購入を代わりにやってくれます。そのため、英語ができなくても簡単に商品を海外から購入することができるようになります。 また、ED治療薬や育毛剤や抗うつ薬、女性の避妊用のピルまで幅広く取り扱いをしており、常備薬からデリケートな悩みまで解消できる医薬品をまとめて購入することができます。

また、日本では認可されてないジェネリック医薬品があります。日本ではまだジェネリック医薬品がなくても海外ではすでにジェネリック医薬品が開発されている場合があります。 例えばED治療薬ですが、日本ではまだバイアグラしかジェネリック医薬品は認可されていませんが、海外ではレビトラもシアリスもジェネリック医薬品が存在します。そのため、通常の価格よりも安く購入することも可能です。

個人輸入をする際には税関や薬事法などの細かなルルールがありますが、ルールさえ守ればかなりお得に医薬品を購入することが可能になります。

海外から・・・しかも、医薬品を通販?と、思うかもしれませんが、しっかりと利用方法を把握して、用法・容量や、輸入をするときのルールなどをしっかりと守っていれば何も問題はありません。

メリットとデメリット

処方と個人輸入。それぞれにメリット・デメリットがあります。

まずは病院でシアリスを購入する場合。 病院で診察をしてもらって処方箋が手に入ればすぐに入手することができます。 また、病院なので偽物を渡されることはありませんし、何より診察を受けられるということがメリットになります。

では、デメリットはどうでしょうか。 まず、診察を受けなければいけません。そのため、診察料や初診料がかかります。病院が近くになければ、病院に行く交通費がかかります。また、ED治療は保険適用外ですので、全て自己負担で治療を行わないといけませんので、シアリスの薬代が全てかかります。 そのため、病院に行く手間と費用がかかることになります。あとは事前に確認すればいいことですが、病院で恥ずかしい思いをする可能性だってあります。

一方で個人輸入をした場合はどうでしょうか。

まず、診察を受なくていいので診察料などの費用はかかりません。 また、インターネットでのやり取りですので誰にも会うことはありませんし、誰にも知られないのでこっそりと購入することができます。インターネットが使用できる環境でしたら、いつでもどこでも注文ができます。なので、病院に行く手間を省けて、比較的割安に医薬品を購入できるというのがメリットになります。また、海外にはシアリスのジェネリック医薬品もあるので、ジェネリック医薬品を選択した場合、さらにお安くなります。

ただし、個人輸入代行サイトの中には悪質なサイトもあり、偽造品が出回っているがあります。 また、個人輸入した医薬品の服用に関してはすべて自己責任になってしまうので注意が必要です。